株式会社丸和技研の特許と発明のご紹介

特許

当社の技術は、お客様からのニーズを汲み上げることによって、いろいろな条件に応じた工具の提案・改善を行い、お客様と共に技術の向上・蓄積を行ってきました。近年では産官学の連携や企業との共同研究も含め、独自の技術・製品の開発を行ってきております。今までの技術をさらに高度化すると共に、時代に合った技術・製品を生み出し、次の世代の日本、そして世界を支えるべき、誰にも真似のできないオンリーワン企業であることを目指しています。

実施年度 プロジェクト名 事業名 関係機関 共同研究者
H17年 廃棄物処理に用いる最適破砕刃の研究開発 実用化可能性試験研究事業 (財)飯塚研究開発機構 九州工業大学・福岡県工業技術センター
H18年 削孔・掘削工具に用いる超硬合金に関する研究開発 実用化可能性試験研究事業 (財)飯塚研究開発機構 九州工業大学
H19・20年度 耐摩耗・耐衝撃性に優れた破砕刃の製造方法と評価方法の開発 研究開発事業 (財)福岡県産炭地域振興センター 九州工業大学
H21年度 超硬合金を使用したシールドマシン用ビットのリユースに関する研究開発 実用化可能性試験研究事業 (財)福岡県リサイクル総合研究センター 福岡県工業技術センター・大成建設株式会社
H22・23年度 超硬合金を使用したシールドマシン用ビットのリユースに関する研究開発 研究開発事業 (財)福岡県リサイクル総合研究センター 有明工業高校専門学校・大成建設株式会社
H23年度 トンネル掘削機に用いられるビットの長寿命化に関する研究開発 研究委託事業 (財)飯塚研究開発機構 九州大学

公報番号 発明の名称
特開2011-149065 高炉等の開孔装置における排出口開孔用ビット
特開2010-150806 カッタビット
特開2010-112120 掘削ビット
特開2008-121080 出銑口開孔装置
特開2007-070912 装填式逆止弁本体を内蔵した地盤穿孔機
特開2004-360745 易離脱形締付ネジ
特開2002-188397 余堀部の補強方法及びそれに使用する固定金具
特開2001-158014 穿孔工具
特開平11-350011 出銑口開孔用パイプ
特開平10-36905 出銑口開孔用削岩機
特開平08-312280 ロックビット
特開平07-293173 ロックビット
特許4628577 穿孔用ビット
特許4404455 穿孔用ビット
特許4398497 廃棄物溶融炉 スラグ排出口開口用ビット
特許4354505 廃棄物溶融炉 スラグ排出口開口用ビット
特許4284298 出銑口開孔ビット
特許4167279 出銑口開孔装置
特許3843819 削孔ビット
特許3843820 削孔ビット
特許3755124 削孔ビット
特許2997998 ケーシング掘ビット

株式会社丸和技研の製品一覧